幼稚園型認定こども園 松代幼稚園のこれから

2015年9月現在

◆認定こども園として

基本的な生活や松代幼稚園の教育理念等は今までとかわりません。しかしそれ以上に、「認定こども園」になることにより、幼稚園に保育園の機能や特徴を合わせ持ち、教育と保育を一体的に行うことができるようになります。また、地域の子育て支援もこれまで以上に開かれていきます。「保育を必要とする理由」が有る無しに関わらず入園でき、質の高い教育を受けることが可能となります。
昨今は、大人の都合で子どもの生活が決まるような時代ですが、本来は子どもが子どもらしく生き生きと生活できることを保障してあげることが何より大切なことです。そのためにも大人が環境を整えて見守っていかなくてはなりません。
松代幼稚園は、どの子であっても、子どもの生活を保障することを第一に考えてお家の方と協力して、保育・教育を進めてまいります。

◆今までとかわること

①園を利用するにあたり、お子さん一人ひとりが1号認定~3号認定に区分され、利用時間・保育料などを市と園が決定します。
②1号認定の保育料には給食費が含まれていません。また、2号認定の保育料には主食費が含まれていません。1号認定の給食費と2号認定の主食費は別に納付していただきます。
③年齢、学年、認定に関係なく、園が独自に定める特定負担額を納付していただきます。
④3歳以上は、毎週木曜日は変わらずお弁当を持参していただきます。お弁当は、親子のコミュニケーションに最適なツールとして子育てする上でとてもよいです。絆を深める上でも、また、子どもにとっても大きな楽しみでもあります。食育の観点からも、お弁当は必要不可欠です。2号認定におきましてもぜひともご協力をお願いします。
⑤未満児は、外部搬入が規制されているため、木曜日も給食提供となり、土曜日の希望保育時のみお弁当を持参していただきます。

⑥保育料の口座振替日が毎月17日に変更になります。
PAGETOP