3学期が始まったと思ったら、あっという間に1ヶ月が経ってしまいました。

1月に行ったことは・・・まずはお餅つきです。杵と臼でついたお餅は格別に美味しかったようです。

そのあとインフルエンザAの流行で、2日間自由登園になりました。蔓延しないかと心配をしましたが、落ち着いてホッとしました。(回りはインフルエンザBが流行っていたんですがね)

中学2年生の4クラスの皆さんが、それぞれの手作りのおもちゃを持ってきてくれて、一緒に遊びました。初めはお互いどう関わっていいのか困っている子もいましたが、いつも中学生が帰る時にはお互いニコニコで手を振り合っていました。お互いに良い経験でした。感謝しています。

念願の大雪、やっと雪遊びも出来て大喜びです。ちょうど来た中学生と遊んだり、違う日には松代城に出かけて行って雪の中で思い切り転がって遊んできました。寒くても、寒くないとできない氷を作ったり、いろんな遊びができるものですね。うまく凍る時と凍らないときもあるし、なんで?と考えている子ども達です。

29日には、お年玉で園長先生から年長がけん玉、年中は紐ゴマ、年少は手回しゴマをもらって回せるように練習し、大会が開かれました。お互いにやって見せたり、交換してやってみたりして楽しみました。けん玉は難しいと思っていましたが、お皿に何回も載るようになり、載る回数を数えている子も載ったことを自分のことのように喜んでくれる姿が、嬉しかったです。あきらめないでやっていくことの大切さを教えられました。

年長は、2月のお茶会に向けてお茶のお稽古もしています。お茶の色んな道具の名前もよく覚えるし、意欲的です。もちろんお茶のお菓子が1番楽しみのようですが・・

2月もいっぱい遊びを展開させていくことでしょう。

しばらくブログの更新ができなくて失礼しました。またお伝えしていきますので楽しみにしていてください。どうぞよろしく。